福岡周辺本文です。

熊野神社/大阪
平安時代から江戸時代にかけて紀州熊野神社へ参詣者が列をなし、蟻の熊野詣といわれた熊野街道。
関西国際空港のお膝元として大型道路の整備により大きく様変わりした現在でも、町中を歩けばかつての街道を感じさせる史跡や風景に出合える。
無数のため池に代表される泉南特有ののびやかな景観自体も見どころの一つだ。
津屋崎/福岡
JR福間駅前から神湊経由赤間行きに来るか、赤間駅から神湊経由福間行きのバスに来るか、ここでは赤間バスセンター(1R東郷駅)からバスに乗ったコースを紹介したい。
宗像大社前を通り、勝浦浜のバス停で下車、国道四九五号線を南下する。
近くに筑前三大塘(池)の一つ、牟田池(勝浦塘)もある。
南へ約400メートル程歩くと、右手の丘陵上に廃車置場がある。
丘陵上に二基の前方後円墳が国道をはさんである。
むかって右側が勝浦四一号墳で、全長九七メートル、後円部の現在の高さは六、七メートル、一部に周溝や茸石をもち、横穴式石室(現在閉塞中)には天上石を支えるための石柱を有した県下でも例の少ない古墳である。
全長九七メートルは宗像市郡では最大の前方後円墳である。
昭和50年に調査、盗掘を受けていたにもかかわらず鏡七面分、鹿角製装具付太刀40以上、他多数の遺物が出土した。